任意保険の保険料

かつての任意保険は、どの損害保険会社で加入しても、

同じ内容、同じ保険料でしたが、

今では自由化が進み、補償が同じようなものでも、

保険会社によって保険料は大きく変わりました。

 

そもそも任意保険は契約するバイクや運転する人の状況によって、

以前から保険料が異なっています。

 

たとえば、若い人ほど事故発生の危険性が高いので、

保険料は高く設定されています。

こうしたリスクに関わる条件を、従来よりもさらに細かく区分して、

それに応じた保険料を設定するのが、

現在主流になっているリスク細分型自動車保険です。

 

代表的なリスク区分は、

年齢、性別、運転暦、使用目的、使用状況、地域、安全装置の有無などです。

 

この区分において、たとえば、事故の少ない地域に住む30歳以上の

優良ドライバーなら、事故を起こす度合いが低いとみなされ、

従来よりも保険料は安くなるでしょう。

 

逆に、事故の多い地域に住む若年ドライバーなら、

リスク度合いが高いとみなされ、従来よりも保険料が高くなるでしょう。

 

また、損保各社はそれぞれ独自のモノサシでリスク区分を行っていますから、

同じような補償で同じ状況のドライバーであっても保険料は異なってきます。

 

さらに、最近では任意保険の通信販売はインターネット販売が行われています。

これは代理店を通した契約にかかる代理店マージンが発生しない分、

保険料はもとから安くなります。

よって優良ドライバーが通信販売で保険を求めれば、

保険料はより抑えられることになります。

 

また、最近の任意保険には、様々な割引制度が導入されています。

ドライバーに関するものやバイクに関するものなど様々なものがあるので、

適用漏れのないよう、しっかりとチェックしましょう。



バイク保険一括見積りサービス

バイク保険の見積もりと契約が簡単にできる!
しっかり比較して、かしこく選ぼう!
 
《ズバットバイク保険比較 》とは?
最大4社の保険会社から
一括見積もりができるサービスです。

● 大手保険会社、最大4社に一括見積もりができます
● 料金はもちろん無料
● 徹底比較でぴったりの保険会社が見つかります
利用者数10万人突破
● 申込みは簡単入力3分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL