任意保険の内容

強制保険である自賠責保険には万が一の事故にあっても、

支払限度額があるため、生じた人損の全額をカバーできるわけではありません。

そのために自賠責保険の上積み保険である、

任意の対人賠償保険への加入が不可欠になります。

 

任意保険には、対象物がカラダとモノなどによって、

それぞれにいくつかの種類があります。

 

 

人身損害補償保険

交通事故では、当事者の双方に過失がある場合がほとんどです。

相手が悪ければ、相手の対人賠償責任保険から、

こちら側のケガなどについて保険金が支払われますが、

その額は、こちら側の過失部分を差し引いた金額となり、

実際の損害額より少ない金額しか受け取れないことがあります。

また、事故の相手方との示談交渉が長引くと、

保険金の支払いが遅くなることもあります。

 

こんな場合に役立つのが人身損害補償保険です。

この保険は、交通事故で被保険者が死傷した場合に、

事故の相手側である加害者から受け取ることのできない被保険者の過失部分も含め、

設定した保険金額を上限として、相手方との示談を待たずに、

こちら側の損害額の全額を受け取ることができます。

ただし、相手側から実際に受け取った補償などは除かれます。

 

搭乗者損害保険

搭乗者損害保険は、契約しているバイクに乗っている人が、

交通事故により死亡、後遺症、ケガを負った場合に

一定の保険金が支払われます。

人身損害補償保険とは異なり、加害者からの賠償金や保険金、

社会保障による給付などとは関係なく、

予め決められた保険金が支払われる定額型の保険です。

また、交通事故に限らず、車の中にいたときに発生した火災や爆発、

モノが落下したきたなどで負ったケガも対象です。

ただし、被保険者の重大な過失による事故はもちろん、

無免許運転や飲酒運転によるケガなどには保険金が支払われません。

 

自損事故保険

被保険者が電信柱に自ら衝突するなど、

単独で交通事故を起こしてケガをしたり死亡したりしても、

自賠責保険や政府保障事業の対象とはなりません。

自損事故保険は、そうした場合、限度額までの保険金が支払われるものです。

なお、この保険は対人補償保険に加入すると、自動的にセットされます。

 

無保険者傷害保険

無保険者傷害保険とは、交通事故で死亡したり後遺症を負ったりした場合で、

本来なら事故の相手側に責任があるにもかかわらず、

相手側の車両に対人補償保険などがついていないなどで、

補償を全額受け取れない場合に保険金が支払われる制度です。

なお、この保険は、対物補償保険に加入すると、自動的にセットされます。

 

車両保険

車両保険は、事故によって被保険者のバイクが損害を被った時、

保険金が支払われるものです。

保険金が支払われるのは、衝突・接触・追突だけでなく、

モノの飛来・火災・爆発・盗難のほか、

台風・洪水・高潮といった自然災害も対象となります。

タイヤがパンクしただけの事故や地震・津波などの自然災害は対象外です。



バイク保険一括見積りサービス

バイク保険の見積もりと契約が簡単にできる!
しっかり比較して、かしこく選ぼう!
 
《ズバットバイク保険比較 》とは?
最大4社の保険会社から
一括見積もりができるサービスです。

● 大手保険会社、最大4社に一括見積もりができます
● 料金はもちろん無料
● 徹底比較でぴったりの保険会社が見つかります
利用者数10万人突破
● 申込みは簡単入力3分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL