保険を使わない場合

ノンフリート料率等級制度では、

事故を起こして任意保険の支払いを受けたばあいに、

翌年の等級が3ランクダウンして保険料が跳ね上がります。

 

この等級ダウンは保険金請求が何回あったかによって決まり、

受け取った保険金額が多いか少ないかは問いません。

つまり、5万円の事故でも100万円の事故でも、

同じように翌年から保険料が高くなるのです。

相考えると、比較的小さな事故で保険金を請求し、

翌年以降ずっと高い保険料を払い続けるよりは、

むしろ自己負担で処理してしまった方がずっとトクという結果になることもあります。

 

もちろん、保険料アップの度合いは、

事故を起こした時の等級によって異なります。

例えば16等級だった人の割引率は60%から50%に低下するだけで済みますが、

7等級(20%割引)だった人は逆に20%割増となってしまいます。

したがって、一概に等級が低いときには損害額が10万円に満たない事故を

保険で補償するのはあまり得策ではないと言えます。



バイク保険一括見積りサービス

バイク保険の見積もりと契約が簡単にできる!
しっかり比較して、かしこく選ぼう!
 
《ズバットバイク保険比較 》とは?
最大4社の保険会社から
一括見積もりができるサービスです。

● 大手保険会社、最大4社に一括見積もりができます
● 料金はもちろん無料
● 徹底比較でぴったりの保険会社が見つかります
利用者数10万人突破
● 申込みは簡単入力3分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL