ノンフリート等級制度の等級係数の細分化

モータリゼーションの進展によって、

現代では多くの人が

自動車保険に加入することとなっているのですが、

いろいろなドライバーが混在している保険加入者に

同じ保険料を適用するのは著しく公平性を欠いていると言えます。

 

そのような考え方に基づいて、保険料の算定にあたって

採り入れられているのがノンフリート等級制度です。

 

優良ドライバーから非優良ドライバーまでを20等級に分類することによって、

優良ドライバーの保険料が割安になるように設定されています。

逆に事故の多いドライバーは割高な保険料を支払うことになります。

無事故を継続していくことで等級が上がり、

事故を起こして保険を利用することで等級が下がるのです。

 

しかし、同じ等級でも前年に事故を起こしたドライバーもいれば、

無事故を継続しているドライバーもいます。

また、すえおき事故で等級が下がっていないドライバーもいます。

このような例があることを不公平だと考える風潮が強くなり、

同じ等級であっても事故ありの加入者と

事故なしの加入者の割引率を変える改正がなされました。

 

等級係数の細分化を行うことによって、

より事故リスクに見合った割引率になるようにしたのです。

 

この改定は平成24年の4月1日に導入されたのですが、

1年間の周知期間が設定されることとなりました。

具体的な運用は保険会社各社によって異なっているものの、

より安全な運転をするドライバーが割安で自動車保険に加入できるようになったのです。



バイク保険一括見積りサービス

バイク保険の見積もりと契約が簡単にできる!
しっかり比較して、かしこく選ぼう!
 
《ズバットバイク保険比較 》とは?
最大4社の保険会社から
一括見積もりができるサービスです。

● 大手保険会社、最大4社に一括見積もりができます
● 料金はもちろん無料
● 徹底比較でぴったりの保険会社が見つかります
利用者数10万人突破
● 申込みは簡単入力3分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL