勝手に示談を進めない

交通事故がおきた場合、

賠償金を加入の自動車保険で払いたいのであれば、

当事者同士が勝手にその場で示談を行うのはご法度です。

 

通常、出会い頭の事故などの場合は、

当事者双方に過失があり、その事故の形態、道路状況、

走行速度などの諸事情により、それぞれの過失が判断されます。

そして保険会社はこの過失割合により保険金を支払うのです。

 

つまり、素人の当事者同士が勝手に過失割合を決めたり、

互いに相手の損害は全額賠償するなどと取り決めても、

これは保険会社の過失割合の見解とは当然異なります。

そうなると、保険会社は相手の損害額と過失割合の分しか保険料を支払わないため、

相手との約束を果たすためには自己負担しなければならなくなってしまいます。

 

相手も負担するのだからお互い様と思うかもしれませんが、

実際に互いの賠償額が全く同じであることなどはありえません。

 

正当に過失割合をプロの目で判定し、

それぞれの損害に対する過失相当分を賠償金として

支払うのがもっとも合理的な示談です。

 

そのためには、現場での勝手な示談や口約束は

絶対に行わないことです。

勝手な示談は敗北のモトと心得ましょう。



バイク保険一括見積りサービス

バイク保険の見積もりと契約が簡単にできる!
しっかり比較して、かしこく選ぼう!
 
《ズバットバイク保険比較 》とは?
最大4社の保険会社から
一括見積もりができるサービスです。

● 大手保険会社、最大4社に一括見積もりができます
● 料金はもちろん無料
● 徹底比較でぴったりの保険会社が見つかります
利用者数10万人突破
● 申込みは簡単入力3分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL