マフラーの熱で足を火傷!バイク保険で治療代を確保

バイク保険といえば、誰か他人を傷つけてしまった時のための対人賠償責任保険、

他人の物を壊してしまった時のための対物賠償責任保険を思い浮かべる人が多いですよね。

 

でも実際にはご自身が怪我をしてしまった時のための人身傷害保険、

搭乗者傷害保険という保険もあり、

こちらも付保しておくととても役に立つことがあるんです。

 

人身傷害保険とはわかりやすく言うとバイクが原因で怪我をした場合、

自分が負担しなければいけない治療費の実費を補償してくれる保険。

 

搭乗者障害はバイクで怪我をした場合、

怪我の内容によってあらかじめ決まっている金額が定額で払われる保険です。

 

人身傷害保険と搭乗者傷害保険は両方入ることも出来ますし、

片方だけ入るという選択もあります。

おすすめは治療費の実費を補償してくれる人身傷害保険ですね。

 

私は一度、バイクで走りに行った時、マフラーに足が当たっているのに気がつかず、

酷い火傷をしてしまいました。

火傷の部分はかなり広く、かつバイクのウエアが患部に触れるとかなり痛い状態です。

 

翌日病院に行くと数日間は通院を要するとのことでした。

バイクでそんな怪我をしたのですが、バイク乗り仲間からバイク保険で治療代が出るのでは?

と話しを聞いて早速保険会社に電話しました。

 

すると人身傷害保険と搭乗者障害の両方から保険金が払われるとのこと。

実際には治療費は人身傷害保険から全額が出ました。

かつ搭乗者傷害保険からは火傷の内容にしたがって定額の保険金が出ました。

 

両方の保険からお金が出ましたので、

治療費はもちろん、そのほかにかかった諸々の費用が保険で賄われたのでとても助かりました。

実際には病院では処方されない、傷口を冷やすための保冷剤などを自分で買ったのですが

それの費用も賄われたわけです。

 

また、人身傷害保険で払われる保険金には慰謝料にあたるお金ももらえます。

今回の事故は私単独の事故だったのですが、

人身傷害保険から慰謝料相当額がもらえるというのは少し驚きでしたけれども

これもかなり助かりましたね。

 

何しろ、今回の損害は火傷だけではなかったのです。

マフラーに足があたっていたことでバイクのウエアも溶けて穴が空いてしまっていました。

バイクのウエアは少し高いんですよね。

だからこの慰謝料相当額は代わりのウエアを買う費用に充てることが出来てとても助かりました。

 

なんでも保険会社の人に聞きましたらオプションで

そういった身の回りに付けているものの損害も補償をしてもらえる

携行品特約というものがバイク保険にはあるそうです。

次回のバイク保険の更新時には付帯することを検討したいと思っています。

 

バイク保険、このように自分の損害も補償をしてもらえるものなのです。

是非、参考にしてみて下さいね。



バイク保険一括見積りサービス

バイク保険の見積もりと契約が簡単にできる!
しっかり比較して、かしこく選ぼう!
 
《ズバットバイク保険比較 》とは?
最大4社の保険会社から
一括見積もりができるサービスです。

● 大手保険会社、最大4社に一括見積もりができます
● 料金はもちろん無料
● 徹底比較でぴったりの保険会社が見つかります
利用者数10万人突破
● 申込みは簡単入力3分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL