無保険車にぶつけられた

自動車保険のうち、最も普及しているのは

もちろん対人賠償保険で、その普及率は全体の7割にも上ります。

しかし逆に考えれば、公道を走る車10台のうち3台は

対人賠償保険に加入していないということです。

 

もちろん自賠責保険には加入しているでしょうが、

それだけでは十分な賠償能力があるとは言えません。

また、一応、対人賠償保険には加入しているものの、

保険料負担を軽くするため僅かな保険金額でしか契約していないドライバーもいます。

 

こんな車にぶつけられて死亡や後遺症を負ったら大変です。

ひどい場合には、当て逃げされて相手が分からないというケースもあります。

そんなとき、泣き寝入りしなくても済むよう自分で入っておくのが

無保険車傷害保険です。

 

無保険車傷害保険は、十分な賠償能力がない加害者に代わって

被害者に保険金を支払ってくれる保険です。

 

例えば、2億円の賠償額が認められた事故の場合に、

相手が自賠責保険にしか加入していなければ、

自賠責保険から支払われる3000万円を差し引いた残りの1億7000万円が

無保険車傷害保険から支払われることとなります。



バイク保険一括見積りサービス

バイク保険の見積もりと契約が簡単にできる!
しっかり比較して、かしこく選ぼう!
 
《ズバットバイク保険比較 》とは?
最大4社の保険会社から
一括見積もりができるサービスです。

● 大手保険会社、最大4社に一括見積もりができます
● 料金はもちろん無料
● 徹底比較でぴったりの保険会社が見つかります
利用者数10万人突破
● 申込みは簡単入力3分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL