保険金の削減

一般に、自動車事故に関する損害賠償のケースでは、

双方に過失があった場合、互いの過失の程度によって、

損害の負担を公平に相殺しあうことが多いです。

その点、自賠責保険は被害者保護を何よりの目的としているため、

通常はあまり過失の相殺はされません。

ただ、よほど重大な過失が被害者側にある場合には、

実際の損害額から減額して保険金が支払われることがあります。

 

重大な過失とは、被害者に7割以上の過失があった場合を指し、

被害者の過失割合に応じて減額される割合も決まります。

例えば、歩行者が赤信号を無視して道路を黄疸して

バイクと衝突したようなケースでは、保険金減額の対象となる重大な過失です。

 

また、事故により負ったケガと後遺症や死亡との因果関係を結びつけるのが

難しいケースでも、その後遺症や死亡に対する補償が減額されることがります。

被害者が事故による後遺症を苦に自殺してしまった場合などが例です。

 

傷害事故で120万円、後遺症や死亡で3000万円という限度額を

損害額が超える場合には、それぞれの限度額から被害者の過失に応じた割合で

保険金が減額されます。



バイク保険一括見積りサービス

バイク保険の見積もりと契約が簡単にできる!
しっかり比較して、かしこく選ぼう!
 
《ズバットバイク保険比較 》とは?
最大4社の保険会社から
一括見積もりができるサービスです。

● 大手保険会社、最大4社に一括見積もりができます
● 料金はもちろん無料
● 徹底比較でぴったりの保険会社が見つかります
利用者数10万人突破
● 申込みは簡単入力3分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL