強制加入の自賠責保険

公道を走る全てのバイクに対して、

法律で加入を義務付けているのが自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)です。

モータリゼーションの高まりに伴って交通事故が急増した昭和30年から、

この強制保険制度はスタートしました。

 

バイクを持っている人はあらためて自賠責保険証明書がバイクに積んであるかを

確認しておきましょう。

もし証明書が積んでいないと、法律で1万円以下の罰金。

また自賠責保険の有効期限切れは6ヶ月以下の懲役または5万円以下の

罰金を科せられるほか、違反点数6点となって免許停止になってしまいます。

特に車検のない250cc以下のバイクや原付は、

保険切れに気付かないことがよくあるので要注意です。

 

自賠責保険の最大の特徴は、

あくまで死傷事故の被害者救済を目的として、

加害者に賠償義務を果たさせるための保障制度であることです。

よてドライバー本人のケガや車両の損害、または他人の車に対する対物賠償などは

補償しません。

 

また、人身事故で支払われる保険金には限度があり、

さらに自賠責保険にしか加入していないバイクが事故を起こしても

保険会社は示談交渉を代行してくれません。

より十分な補償を備えるためには任意保険への加入g亜必要であることを

改めて認識しておきましょう。



バイク保険一括見積りサービス

バイク保険の見積もりと契約が簡単にできる!
しっかり比較して、かしこく選ぼう!
 
《ズバットバイク保険比較 》とは?
最大4社の保険会社から
一括見積もりができるサービスです。

● 大手保険会社、最大4社に一括見積もりができます
● 料金はもちろん無料
● 徹底比較でぴったりの保険会社が見つかります
利用者数10万人突破
● 申込みは簡単入力3分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL