自賠責保険はコンビニで十分

私が初めて原動付自転車(以下、原チャリ)に乗ったのは16歳の時。

あれから20年以上、原チャリに乗り続けています。

 

私が住む街には、数件のバイク屋があります。

家から徒歩5分の老舗バイク店。

家から徒歩15分の中古バイク専門店。

ほかにもチラホラ。

 

たびたびパンク修理やオイル交換でお世話になり、顔なじみになっていたこともあり、

自賠責保険の手続きも当然そのバイク屋で行うものだと決まっていました。

 

自賠責保険の手続きで悩むことはといえば、せいぜい年数ぐらいのもので、

そもそも「バイク屋以外で保険に入る」という選択肢は頭の中にありませんでした。

固定概念とは恐ろしいものですね。

 

今回、仕事の関係で本当に忙しいシーズンと

自賠責保険の更新のタイミングが重なってしまいました。

 

近所のバイク屋はかなり気ままな経営スタイルなので、

朝早く開店している割には、閉店時間は驚異的に早く、予定外の休店も多々あります。

困りました。

 

期限が切れれば罰則になる自賠責保険。

私自身の休暇とバイク屋の営業時間が合わせられるタイミングを見計らうと、

間違いなく期限切れとなります。

苦悩しました。

 

そもそも原チャリに乗らないという選択肢も浮かびましたが、

原付なしでは通勤に支障が出て、よりタイトなスケジュールとなります。

 

悩みに悩んだ結果、もしかしたら、自分が店舗に行ける時間帯で、

他にもバイク屋があるのではないか?という考えに至りました。

 

自分が認識しているのは2店舗でしたが、

おぼろげに記憶をたどれば、街道脇に「○○輪業」という看板を何度か見た気がします。

それに、自分がバイク屋と認識していなかった店舗が

実はバイク屋だったというケースもありそうです。

 

そこで、インターネットで検索をすることにしました。

なんということでしょう。

インターネット検索でとんでもないことを発見してしまいまいした。

コンビニでも自賠責保険に入れるではありませんか。

 

最近はコンビニと保険会社が提携しているようですね。

事前にインターネットから手続き・登録して、予約番号のようなものを取得しておけば、

コンビニに行ったとき、機械から保険証が発行される仕組みでした。

 

原チャリにはるシールはどうするのか?という疑問もありましたが、すぐに解決されました。

発行された保険証を持ってコンビニのレジのカウンターに行くと、

後ろの棚からストックされているものを渡してくれるのですね。

時間に気にすることなく手続きが完了するので、とても便利だと実感しました。



バイク保険一括見積りサービス

バイク保険の見積もりと契約が簡単にできる!
しっかり比較して、かしこく選ぼう!
 
《ズバットバイク保険比較 》とは?
最大4社の保険会社から
一括見積もりができるサービスです。

● 大手保険会社、最大4社に一括見積もりができます
● 料金はもちろん無料
● 徹底比較でぴったりの保険会社が見つかります
利用者数10万人突破
● 申込みは簡単入力3分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL