電動バイクとガソリンバイクの違い

ガソリンバイクも電動バイクも、同じバイクですから、

車体そのものやブレーキ、サスペンションなどの基本となるパーツは、大きな違いはありません。

 

ガソリンバイクは、タンクに蓄えられたガソリンを燃焼する際に生じる熱エネルギーによって走ります。

一方、電動バイクは、バッテリーに蓄電された電気によって走ります。

 

つまりガソリンタンクに相当するのが電動バイクのバッテリーです。

そしてガソリンバイクのエンジンに相当するのがモーターです。

 

ガソリンバイクではエンジンでガソリンを燃焼させますから、熱だけでなく音や排気ガスが発生します。

しかし電動バイクは、電力によるモーターによって走りますから、音も排気ガスも発生しません。

そのため、地球環境にやさしい乗り物であるといわれています。

 

ガソリンバイクは、特にプラグやエンジンオイルなどエンジンまわりのメンテナンス費用がかかります。

電動バイクはこのような費用は必要としませんが、3年に1度程度、バッテリー交換が必要となります。

 

バッテリー交換はガソリンバイクでも発生しますが、電動バイクは費用がかなりかかります。

電動バイクの維持費の大半を占めるといってもいいでしょう。

そのため、維持費としての比較はそれほど大差がないようです。

 

ただし燃費を考えると、ガソリンバイクのガソリン代よりも電動バイクのための電気代の方がかなり安くつきます。

航続距離や登坂能力などバイクの性能自体はまだまだガソリンバイクが上ですが、

今後の技術向上で電動バイクの普及が期待されています。



バイク保険一括見積りサービス

バイク保険の見積もりと契約が簡単にできる!
しっかり比較して、かしこく選ぼう!
 
《ズバットバイク保険比較 》とは?
最大4社の保険会社から
一括見積もりができるサービスです。

● 大手保険会社、最大4社に一括見積もりができます
● 料金はもちろん無料
● 徹底比較でぴったりの保険会社が見つかります
利用者数10万人突破
● 申込みは簡単入力3分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL