バイク保険の大切さを知った話

当方はバイクに乗り続けて約8年になります。

バイクの種類は1代目はDIOの50ccのバイク、

今は二台目のスクータータイプのスペイシー100です。

スペイシーになって約5年が経ちます

 

最初はバイク保険に月に2200円と言われ会社での給料も少なくはなかったですが

やはり月に2000円も出て行くのはものすごくもったいない気がして

しばらくは入るのをやめていました。

車ももっていたのでさらに乗る機会もないだろうとたかをくくっていました。

ちなみにDIOのほうも保険は入っていませんでした。

 

ある日のこと その日は天気もよく穏やかな気温でバイク日和だったので

当時お付き合いしていた彼女を載せて江ノ島の海を見に行こうとのことで

バイクの二人乗りをして 江ノ島に向かいました

江ノ島ではバイクで約30分~40分くらいの距離です。

 

そしてバイクは任意保険も入ってないし

一応他の車の少ない時間帯の朝早くに出ようとのことで

その日は朝の8時くらいに彼女と出発をしました。

思ったとおり朝は空いていて快適に江ノ島に向かっていました。

 

途中途中コンビ二に寄ったりしてゆっくりなスピードで休み休み向かっていました

ここからが題名の保険の大切さに向かっていくのですが、

余裕余裕と休み休み行ったせいか車がだんだん混んできて太陽の日差しも暑くなってきて

後ろに座っていた彼女が日に焼けるから出来れば早く行って欲しいと言われ

仕方なく路肩と車の間をすり抜けていました。

バイクの運転もすり抜けもそんなに下手ではないと思っていました。

 

信号が青の交差点にかかり隣の車は渋滞していながらもこちらは余裕のすり抜けで

そこで気が抜けてしまったのでしょうか

信号が青の交差点に直進で進入した瞬間

逆車線の右折車がこちらが交差点に進入した瞬間右折してきたのです!

びっくりしてこちらは急ブレーキをかけ右折車も急ブレーキをかけ

すれすれのところでぶつからずに済みました。

彼女もびっくりして声をはりあげていたくらいギリギリな状態でした。

 

なぜぶつからなかったかと今思えば

すり抜けのときに2人のりしていたからそこまでスピードが出ていなかったからです。

スピードを出そうかなと思ったときにブレーキができたのと

向こうもこちらにすぐに気づいてくれたので間一髪セーフな状態でした。

お互いすみませんの手をあげ (ドキドキしながらも余裕の手上げです(笑))

 

その後は無事に江ノ島につき

帰りはすり抜けはしないでゆっくり帰っていきましたが、

もしあの時ぶつかっていたらと思うと本当に怖くなって

次の日早速 バイクの任意保険に加入しました。

月に2200円 されど2200円。

これで なにかあっても大丈夫というわけではありませんが

加入してからはリラックスして乗れるようになりました。

 

今では料金も下がり月に1500円まで落ちました。

なにかあったときのための保険なのでやはり保険は加入をおススメします。



バイク保険一括見積りサービス

バイク保険の見積もりと契約が簡単にできる!
しっかり比較して、かしこく選ぼう!
 
《ズバットバイク保険比較 》とは?
最大4社の保険会社から
一括見積もりができるサービスです。

● 大手保険会社、最大4社に一括見積もりができます
● 料金はもちろん無料
● 徹底比較でぴったりの保険会社が見つかります
利用者数10万人突破
● 申込みは簡単入力3分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL