ソニー損保に入っていてバイク事故を起こした話

もうかなり前になりますが私は当時通勤で125ccのスクーターに乗っていました。

私の兄が車屋をやっていますのでいい保険を教えてもらいそれに加入していました。

 

当時ネット保険が流行りだしていて色々な種類がありました。

私は当時20代前半でしたので車両保険もつけて月2万円以上で結構大変でしたが

事故を起こしてしまってから入っていていて本当に良かったと思いました。

 

その事故というのは雨の降る夕方にタクシーの後ろを走っていた時に、

前のタクシーが客を乗せるため急に止まった時のことです。

 

私の前方不注意と車間距離が不適切だったため、

濡れた路面でブレーキが効かなくなりそのままタクシーの後ろに突っ込んでしまいました。

 

幸い誰も怪我はなくタクシーと私のバイクが少し壊れたくらいで済みました。

 

警察の事故の処理後、私が入っていた保険会社に連絡して

被害者のタクシー会社とのやり取りをしてもらいました。

 

私のバイクは走行にはほとんど問題がなく

プラスチックの部品が少し割れた程度で車両保険でカバーできました。

 

タクシー会社からは想像していたよりもかなり多くの請求がきました。

それはタクシーの後バンパーの総取替えやブレーキランプのユニットの総取替え

プラス塗装代や工賃で50万近かったと記憶しています。

その他にお客さんを乗せていたためそのお客さんに対する慰謝料や

仕事の遅延金の請求が120万くらい来ました。

 

私は当時若かったので社会の仕組みも知らず真に受けてひどく落ち込んでいましたが

車屋の兄に相談すると不当請求といって私の保険の担当者に事情を説明してくれました。

そうしたら今でいうブラック企業のようなタクシー会社があるらしく

お客さんに無断でと言うか、請求もされていないのに

勝手にタクシー会社の方でしてくるというのがよくあるという話をしてくれました。

 

タクシーの破損については全額保険でカバーができるが、

お客さんの慰謝料や仕事の遅延金は応じられないということになり

その担当者の方が事故の起こった場所の管轄の警察署まで行ってくださり話を聞いてきてくれました。

 

事故の状況の記録はお客さんはタクシーを拾おうとしていたところで

まだ乗っていなかったことがわかりました。

当時私は気が動転していてあまりはっきりと思い出せなかったのでとても助かりました。

この調査により不当な請求とみなされこれは取り下げられました。

 

タクシーの破損と私のバイクの破損は全て保険でカバーされたので

事故を起こしたのに一円もかかりませんでした。

もし保険に入っていなければこの請求と不当な請求を支払うことになっていたと思います。

 

普段事故なんて起こさないから馬鹿馬鹿しいから何度も保険を解約してしまおう

と思っていましたがこれを機に保険の大切さが身にしみてわかりました。



バイク保険一括見積りサービス

バイク保険の見積もりと契約が簡単にできる!
しっかり比較して、かしこく選ぼう!
 
《ズバットバイク保険比較 》とは?
最大4社の保険会社から
一括見積もりができるサービスです。

● 大手保険会社、最大4社に一括見積もりができます
● 料金はもちろん無料
● 徹底比較でぴったりの保険会社が見つかります
利用者数10万人突破
● 申込みは簡単入力3分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL